阪神・守屋 妻への傷害で書類送検 球団は「一切ないと聞いている」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

阪神・守屋
Photo By スポニチ

 妻に暴行してケガをさせたとして、兵庫県警西宮署が傷害の疑いでプロ野球阪神の守屋功輝投手(26)を書類送検していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。妻が昨年、暴行を受けたとして西宮署に被害届を提出していた。

 球団は守屋から事情を聴き「暴力行為や浮気行為は一切ないと聞いている。生活費に関する言及も正確ではなく、弁護士を介して話し合いをしていると報告を受けている」と説明した。

 球団は双方の弁護士による話し合いでの解決を待つ構え。阪神の谷本修球団本部長は「プライベートなことなので、本人に任せています。プレーに影響が出ないように、きっちりやってほしい」とした。守屋は昨年57試合に登板し2勝。2月のキャンプには参加する予定となっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月23日のニュース