ロッテ藤原、2年目は結果にこだわる「本当に打たないといけない立場」

[ 2020年1月23日 15:27 ]

さいたま市内の2軍施設でキャッチボールを行うロッテ・藤原
Photo By スポニチ

 ロッテ・藤原恭大外野手(19)が23日、さいたま市内の2軍施設で自主トレを行った。室内練習場でキャッチボールやティー打撃、フリー打撃で汗を流した。

 昨季は6試合で打率・105。2年目の春季キャンプは1軍スタートの見込みで「しっかり準備はしてきたつもり。本当に打たないといけない立場。結果にこだわってやっていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月23日のニュース