DeNA 山崎に「帝京魂」注入、先輩の芸人そうすけから「五輪出て金メダル獲って」

[ 2020年1月12日 16:14 ]

DeNA・山崎(右)と自主トレを行った帝京の先輩でもあるお笑い芸人・そうすけ
Photo By スポニチ

 DeNA・山崎康晃投手に「帝京魂」が注入された。

 厚木市内で三嶋、石田、古村とともに自主トレを公開。キャッチボールやノックなどで汗を流したが、その中にはお笑い芸人で元「360°モンキーズ」のそうすけ(杉浦双亮)の姿もあった。

 そうすけは帝京野球部出身で、最速140キロを誇る。後輩にあたる守護神に「昨年、一昨年とセーブ王を獲って、3年連続が期待される。そこを超えるのは難しいと思うが、必ず獲ってもらいたい。“帝京魂”を持って、五輪にも出て金メダルを獲ってもらいたい」と熱いエールを送った。

 自身はかつて「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の常連だったが「マイナーな選手ばかりやっていた。山崎選手のものまねはできません」。さらに、山崎が在学中に母校のグラウンドで「細かすぎる」ネタを披露したことを回想し「誰も笑わなかった。地獄でした」と苦い思い出を明かすと、これには山崎も大爆笑だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月12日のニュース