レイズ入りの筒香 少年野球選手らと交流「正しいことを大人が考えてほしい」

[ 2020年1月12日 15:10 ]

野球教室で小学生にまじって守備練習するレイズ・筒香(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 DeNAからポスティングシステムでレイズに移籍した筒香嘉智内野手(28)が12日、大阪府内のグラウンドで行われたスーパーバイザーを務める「堺ビッグボーイズ小学部」現役選手との交流会に参加した。

 テニスボールでの内野ノックや壁当てで子どもたちと対決するなどユニークな練習をともに行い、外野ノックではノッカーも務めた。最後は室内練習場で打撃練習を披露し、子どもたちから大きな歓声を浴びていた。

 筒香は「僕は数年前から子供たちのことをいろいろ話をさせていただいていますけど、この堺ビッグボーイズのスーパーバイザーにならせていただいて、やっぱり正しい教育、正しい指導ができれば子供たちがこれだけ集まってきています。(高校野球で)球数制限のこともいろいろと議論されていますけど、球数制限をやれば全ていいものではないですし、球数制限をすることがゴールではない。やっぱり正しいことっていうのを大人が子どもたちを守るために、考えてやってほしいなとは改めて思います」と語った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年1月12日のニュース