元中日の東大・井手新監督「挑戦」始動 “出稽古”オープン戦でタフさ磨きに期待

[ 2020年1月12日 05:30 ]

今年のスローガン「挑戦」を書き初めした東大の笠原主将(中)と井手監督(左)、大久保助監督(右)
Photo By スポニチ

 東京六大学野球の東大が11日、東京都文京区内で始動した。17年秋から続く42連敗のストップに期待がかかる中、今年からOBで元中日の井手峻氏が新監督に就任。

 2月のキャンプ後、3月上旬には福岡、宮崎、鹿児島、長崎を回ってオープン戦を予定。例年よりも九州での“出稽古”が多く、井手新監督は「移動続きで大変かもしれないがタフになってくれたら。全員に期待している」と話した。この日は全員で根津神社へ必勝祈願。スローガンは「挑戦」に決まった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年1月12日のニュース