中日Jr 小鎗&野上の本塁打で勝利つかむ 「熱男」ポーズも披露

[ 2019年12月27日 21:03 ]

NPB12球団ジュニアトーナメント2019  1回戦   中日Jr6―1ソフトバンクJr ( 2019年12月27日    札幌D )

<ソ・中>6回2死二塁、2点本塁打を放った野上は熱男(あつお)を叫ぶ(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 中日Jrが2本の本塁打で勝利をつかんだ。1―1の6回、2人の走者を置いて小鎗稜也(6年)が左中間へ勝ち越し3ラン。さらに野上士耀(6年)が左中間への2ランを放った。

 「前の2人がつないでくれた。1点でも、と思った」と小鎗。緊張で朝食がのどを通らないほどだったが、会心の一発が飛び出すとソフトバンク・松田宣ばりの「熱男」ポーズで喜んだ。野上は大ファウルの後に「次は入れてやろうと思った」と狙い通りのアーチ。こちらも「熱男」ポーズを披露した。

 球際に強い守備も随所に見せての勝利。湊川誠隆監督(39)は「守備は12球団でもトップクラスだと思う。次も冷静に戦っていきたい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月27日のニュース