阪神 先発候補右腕・ガンケル獲得「大変エキサイティングです」

[ 2019年12月15日 15:28 ]

阪神と選手契約を締結し、メガン夫人とともに笑顔をみせるジョー・ガンケル(球団提供)
Photo By 提供写真

 阪神タイガースは15日、アメリカ人右腕のジョー・ガンケル投手(27)と来季の選手契約を締結したことを発表した。前日14日のジャスティン・ボーア内野手に続く新外国人選手の獲得となった。

 ガンケルはマイナーリーグ通算172試合に登板し45勝39敗12セーブ。通算防御率3・59をマークしている。今季は3Aニューオーリーンズで主に先発として19試合に登板し8勝2敗、防御率3・59だった。

 ガンケルは球団を通じて「大変エキサイティングです。ヤクルトのマクガフ投手から日本の野球の素晴らしさを聞いていたので、阪神タイガースからオファーをいただいたときは、大変興奮しました。チャンスをいただいたからには、しっかりと準備をしてキャンプに合流したいと思っています」とコメント。「先発候補であると聞いていますので、自分の持ち味である攻めのピッチングができるように頑張っていきたいと思います」と抱負を語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月15日のニュース