福田がロッテ入団会見、目標は「規定打席到達と30盗塁」好きなお菓子は「雪見だいふく」

[ 2019年12月15日 14:05 ]

ロッテ・河合オーナー代行兼社長(左)と井口監督(右)と笑顔で握手する福田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 国内フリーエージェント(FA)宣言し、ロッテへ移籍した福田秀平外野手(30)は15日、千葉市内のホテルで入団会見に臨んだ。背番号は7。規定打席到達と30盗塁、好きなお菓子は「雪見だいふく」と語った会見の一部は以下の通り。

 ――入団の決め手は何だったか?
 「最終的に井口監督、鳥越ヘッドコーチに何度も電話をいただき、それがうれしかった。それが決め手になって、お世話になることを決めました」

 ――背番号は?
 「7番をつけさせていただくことになりました。いままで7番は偉大な選手の方がつけていた番号なので、うれしく思いました。より一層、見合う選手にならないといけないなという思いです」

 ――自分の役割は?
 「足の速い選手が多いチーム。僕自身、スピードを武器としているつもりでいますので、間に割って入って戦って行きたい」

 ――数字の目標は
 「まだ、規定打席に達したことのない選手なので、言うことは難しいですが、野球選手として規定打席を目標にやりたい。盗塁30個を目標にしたい」

 ――好きなロッテのお菓子は?
 「雪見だいふくです。実はレンジで6秒チンすると、すごく、おいしいです。みなさんも試してください」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年12月15日のニュース