中日・平田 米で根尾と合同自主トレ!費用は大阪桐蔭の先輩・平田持ち「僕も荒木さんに…」

[ 2019年12月15日 22:00 ]

<中日・平田激励会パーティー>激励会であいさつする平田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 「TOIN コンビ」の結成だ。中日・平田が15日、来年1月に根尾と合同自主トレを行うと明かした。3日から2週間、米国・ロサンゼルスのトレーニング施設を拠点に練習に励む。

 「根尾自体、プロの自主トレをどうすればいいか分からないと思う。誘ったら『行きたいです』と言ったので、連れていくことにしました」

 大阪桐蔭で主軸として活躍し、ドラフト1位で入団。共通点の多い後輩を母校の西谷浩一監督からも「よろしく頼む」と託されており「自分にできることがあれば」と合同自主トレに誘った。

 100万円以上する費用も平田が負担する。「僕も荒木さんにお世話になって、ある程度の年俸になるまで出してもらっていた。後輩としてありがたかった」と良き伝統を受け継ぎ、根尾が独り立ちするまで面倒を見る覚悟だ。

 平田はこの日、名古屋市内のホテルで激励会パーティーを開催。集まった500人以上のファンらに「個人としては良くなかった。けが、デッドボールに泣かされた」と悔しさをにじませ「不本意なシーズンだったが、こんなに集まってくれて感謝しています」と謝辞を述べた。

 パーティーは復興支援チャリティーパーティーとして開催され、集まった支援金は被災地に寄付する。パーティーには伊藤康や小笠原、岡田、佐藤らも参加。「活躍して名を上げて、こういうパーティーで被災地支援や社会貢献ができるんだよと伝えたい」と意図を明かした。背番号6がグラウンドの内外問わず男気を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年12月15日のニュース