ロッテ井上、秋季キャンプ初日に離脱 左肋間筋損傷で全治3週間

[ 2019年11月2日 05:30 ]

ロッテ・井上
Photo By スポニチ

 ロッテは鴨川秋季キャンプ初日から離脱者が出た。10月31日に都内の病院で検査し、左肋間筋損傷で全治3週間と診断された井上が、前夜のうちに帰京。野手でレギュラーは田村、藤岡の2人という寂しい初日だった。

 ただ、井口監督が自ら発案したタイヤを使った打撃練習を課すなど「中堅、ベテランが休む間に若手は追いつけ追い越せとやってもらいたい」と若手台頭の機会にと期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2019年11月2日のニュース