DeNA 「仮想虎」左腕攻略 ドラフト上位候補・浜屋から2回5得点

[ 2019年10月3日 05:30 ]

練習試合   DeNA10―0三菱日立パワーシステムズ ( 2019年10月2日    横浜 )

<DeNA・三菱日立パワーシステムズ>2回1死満塁、右犠飛を放ったソトを出迎えるラミレス監督(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 「仮想虎」を攻略だ。DeNAは社会人の三菱日立パワーシステムズと練習試合を実施。CSファーストSで戦う阪神には「いい左投手が多い」との理由で、ラミレス監督は相手に「左腕がいたら使ってもらえないか?」と要望し、今秋ドラフト上位候補の浜屋から2回で5点を奪った。

 「打線はいいスイングをしていた。(浜屋は)ポテンシャルが高い投手だが、みんなよく振れていた」。阪神が誇る強力救援陣。DeNAは岩崎に10試合で防御率0・00、島本に15試合で同0・63と、両左腕にほぼ完璧に封じられた。

 この日は浜屋からソト、ロペスが二塁打を放ち、ロペスは3打点。左腕攻略には「(右打者が)結果を出すのが重要」と指揮官は力を込めた。

 チームは今季7度の零敗を喫したが、うち5度が阪神戦。田代チーフ打撃コーチは「後ろの投手がいいし、こちらがリードした試合運びをしないと。先発から点を取ることも大事」と話した。理想の展開へ、打撃陣が大きな鍵を握る。 (鈴木 勝巳)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月3日のニュース