メキシコ代表 ロッテなどで活躍のクルーズ、元同僚との対決「楽しみ」

[ 2019年3月7日 21:19 ]

<メキシコ代表練習>試合が終わったばかりのオリックス・メネセス(左)がロッテ、巨人などで活躍したクルーズと談笑(撮影・山口 和洋)
Photo By スポニチ

 9、10日の強化試合で侍ジャパンと対戦するメキシコ代表が7日、会場となる京セラドームで全体練習を行った。ダン・フィロバ監督(62)は初戦に元日本ハムのルイス・メンドーサ投手、2戦目はマヌエル・バレダ投手が先発すると発表した。

 「メンドーサには2イニングは投げてもらいたい。来日している全選手にプレー機会を与えるようにしたい」

 代表にはロッテ、巨人、楽天でプレーしたルイス・クルーズ内野手や、元広島のラミロ・ペーニャ内野手、ザカルト・フィリップス投手も選出され来日した。

 クルーズは「昔のチームメートと再会できて、またメキシコ代表として来日できて誇らしく幸せです」と終始笑顔で汗を流した。

 「ロッテの田村、中村とも対戦できるので楽しみ。また僕がいた頃はキャリアを始めたばかりの選手たちが、ここまで成長してくれていて、プレーするのが楽しみです」

 巨人では当時2軍暮らしだった岡本、吉川尚らが成長し、侍ジャパンに選出されるまでになった。グラウンド上のプレーでぶつかり合うことを心待ちにしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月7日のニュース