楽天・今江 近く実戦復帰へ 右目は順調回復 平石監督「不安ほぼなさそう」

[ 2019年3月7日 16:52 ]

4日、二軍で別調整する今江(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 1月末に右目の異常を訴え、2軍で調整を続けている楽天・今江年晶内野手(35)が、近く実戦復帰する見通しとなった。キャンプイン直前に「右眼球中心性漿液性脈絡網膜症」と診断され、沖縄・久米島キャンプには途中合流。その後も2軍で調整を行っていたが、平石監督は「打つ方も走る方も、動きに対する制限なくやれている。目の不安はほぼなさそうなので、近々2軍の本隊に合流して試合にも出てもらう」と説明した。

 5日にはシート打撃で打席に立つなど、順調に回復している。指揮官は同日に今江と電話で話したことを明かし「目はスポーツにおいて非常に重要なので心配していた。声を聞いたら元気すぎるぐらいだった。一安心です」と安堵(ど)の表情を浮かべた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2019年3月7日のニュース