ヤクルト開幕投手の小川 4回3安打1失点に「球自体は悪くない」

[ 2019年3月7日 15:43 ]

オープン戦   ヤクルト―オリックス ( 2019年3月7日    京セラD )

<オ・ヤ>力投するヤクルト先発・小川(撮影・山口 和洋)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの小川泰弘投手(28)が7日、オリックスとのオープン戦(京セラドーム)に先発し、4回3安打1失点だった。

 3回に1死三塁から西野にスクイズを決められた。「きょうは球自体は悪くなかったと思います。先頭打者への詰めが甘かったのと、先制点を取られてしまったので次回までに修正したいと思います」と振り返った。小川は開幕戦となる3月29日の阪神戦(京セラドーム)で先発することが決まっている。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月7日のニュース