巨人・丸 V奪還へ新天地での漢字1字は「勝」 4割超え出塁率武器に「打線つなぐ」

[ 2019年1月4日 09:00 ]

新春球界インタビュー 巨人・丸(1)

「勝」の一字に新年の決意を込めた丸(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 巨人に広島からFA移籍した丸佳浩外野手(29)が3日、「勝」の1字に新年の決意を込めた。かつて長嶋茂雄終身名誉監督(82)も「勝つ!勝つ!勝つ!」とチームを鼓舞した。少年時代は巨人ファンだった2年連続MVPスラッガー。原辰徳監督(60)の言葉に背中を押され、チームに「勝」を呼び込む覚悟をにじませた。 (神田 佑)

 ――いよいよ新天地でのプロ12年目が始まる。まず、今年の意気込みを漢字1字で表してもらいたい。

 「はい。日本一の“一”でもいいですけど、“勝”でいきます。チームの勝利に貢献できるプレーを、たくさんしたいと思います」

 ――5年ぶりV奪還へ、チームに「勝」を呼び込む。

 「ずっと試合に出続けていたいと思っています。まずはやってやるぞ、と本当に前向きな気持ちで早く野球がしたい。今オフの自主トレは、ジャイアンツ球場で動くことになると思います」

 ――原監督が定位置の「3番」と、超攻撃的な「2番」起用の可能性を示している。

 「監督が求めていることができるように、しっかり準備していきたい」

 ――昨季は・468と高い出塁率だった。

 「出塁率は自分の中でも強みだと思っている。持ち味だと、原監督も評価してくださった。打線をつなぐことができればと思っています」

 ――一方で、39本塁打と長打力も武器。チームの攻撃の幅は大きく広がる。

 「昨季は39本打つことができましたが、自分の中ではホームランバッターではないと思っている。でも、できることなら20本塁打以上は打ちたい」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年1月4日のニュース