大谷 もうトレカ契約 新人では異例、キャンプ前にカード出る?

[ 2018年1月10日 05:30 ]

昨年12月に行われたエンゼルス入団会見でポーズをとる大谷
Photo By スポニチ

 トレーディングカード米大手のトップス社は8日(日本時間9日)、日本ハムからエンゼルス入りした大谷とサイン入りカードなどを制作する長期契約を結んだと発表した。

 通常、新人のカードが出回るのはシーズンに入ってから。早期契約により2月中旬から始まる春季キャンプに間に合わせた。12年にレンジャーズ入りしたダルビッシュは3月上旬に契約が発表されたが、大谷はさらに早い。

 同社の担当者は異例の対応を「大リーグ入りする最も偉大な国際的スター選手の一人であるため」と説明。16年からスタートした同社の「ナウ」シリーズとして昨年12月の入団記者会見をカード化した際は、ヤンキースのジャッジを上回る新記録の1万7323枚が24時間で売り切れた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年1月10日のニュース