中日・平田流トリプルスリーぶち上げた「良いシーズンに」

[ 2018年1月10日 05:30 ]

ティー打撃で汗を流す平田
Photo By スポニチ

 中日・平田が愛知県豊田市内で自主トレを公開。今年3月に30歳を迎えるにあたり「30代最初のシーズンを良いシーズンにしたい」と30代3割30本+100打点の平田流「トリプルスリー」を目標に掲げた。

 昨季は6月に右膝を痛め、戦線離脱。故障防止のため、今オフは股関節や足首の可動域を広げるトレーニングを積極的に取り入れている。効果は打撃にも現れ、骨盤の上下動が少なくなったことで頭のブレも小さくなり「安定感が出ている。けがの功名だと思う」と手応えを語った。

 今季はモヤ、アルモンテと2人の助っ人外野手が加入するが「自信を持っておかないと心から崩れる。プラス思考でやる」と三十路男は自身初の全試合出場を目指す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年1月10日のニュース