PR:

工藤監督 真砂&上林&牧原を評価「声が出てることが大きい」

守備練習で送球する真砂
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが宮崎キャンプを打ち上げた。工藤監督は「勝たないといけないシーズン。結果について厳しい判断が必要になってくるが、覚悟を持ってオープン戦を乗り切ってほしい」と開幕に向け、1軍サバイバルの号砲を鳴らした。

 今キャンプはA組(1軍)に若手を多く抜てきした。指揮官は成長した選手に真砂、上林、牧原を挙げ「内野も外野も声が出てることが大きい」と目を細めた。投手では28日の楽天との練習試合で登板する3年目の松本、2年目の高橋の“ドラ1コンビ”を挙げ、「若い選手は、はつらつと自分の力を出してくれれば。失点してもいいから、思い切りプレーしてチャンスをつかんでほしい」と結果を求める。チームの思いは、ただ一つ。選手会長の長谷川勇は「気持ちを一つにして戦って、センターポールにチャンピオンフラッグを取り戻す」と力強く日本一奪回を宣言。そして、最後に「監督、胴上げするんで、(体重を)絞っといてください」とリクエスト。歓喜のシーンをチーム全員でつかみにいく。

[ 2017年2月28日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月20日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム