ハム新星現る!3年目石川直 もう148キロ!初紅白戦2回0封

[ 2017年2月11日 05:30 ]

日本ハム紅白戦   紅組1―2白組 ( 2017年2月9日    ピオリア )

紅白戦で2回を1安打無失点と好投した石川直
Photo By スポニチ

 新星現る。日本ハムの3年目右腕・石川直が9日(日本時間10日)、今キャンプ初の紅白戦で紅組の2番手として登板。最速148キロをマークした直球を軸に2回1安打無失点の好投を見せ、先発ローテーション入りへ猛アピールした。

 1メートル92、88キロ。マウンドに立つとさらに大きく見えた。「まっすぐで押していくことがテーマだった。変化球も感触が良かった」。2イニング目となった4回は前日の韓国kt戦で2安打2打点と打撃好調の大田に対し、スライダー、カーブ、直球で追い込み、最後は低めのフォークで空振り三振。昨季の最終戦でプロ初登板した右腕は「春先に148キロが出たのはいいこと」とうなずいた。

 山形中央時代から長身から投げ込む剛球が売りで、その異名は「庄内のダルビッシュ」。試合前にはそのレンジャーズ・ダルビッシュがキャンプ地を訪れたことで、石川直も「あいさつに行った」と、緊張しながら憧れの存在に頭を下げた。ただ、自身はダルビッシュのように自在に変化球を操る投球スタイルではない。「元々、斉藤和巳さんが好きだった。斉藤さんの投球を見てフォークを覚えようと思った」。沢村賞を2度獲得したソフトバンクのかつての大エースのように、直球とフォークが投球の軸だ。

 入団時は体重80キロで細身だったが、現在は筋力トレーニングなどで88キロまで増量した。今回が初の海外で「食事の量が凄い」と目を丸くするが、宿舎近くのステーキ店では20オンス(約567グラム)の特大ステーキをぺろりと平らげ「気合と根性で」と、楽しむ余裕もある。

 ルックスは、今どきの塩系イケメン男子。「このまま状態の良いままシーズンに入って、一年間1軍にいられたらいい」。2年連続開幕投手の大谷が右足首痛のため、投手として開幕が厳しい状況の中、大谷よりも若い20歳の石川直の台頭は希望の光だ。(柳原 直之)

 ▼日本ハム・栗山監督(起用法について)可能性が広がっている。現時点では先発を目指してほしいけど、チーム事情で変わるかも。斉藤和巳に似ている。これからもっと良くなる。

 ◆石川 直也(いしかわ・なおや)

 ☆生年月日 1996年7月11日、山形県生まれの20歳。

 ☆サイズ&投打 1メートル92、88キロ。右投げ右打ち。

 ☆球歴 余目二小3年から野球を始める。ポジションは投手。余目中3年時に東北大会8強進出。山形中央で甲子園に2度出場。3年夏は1回戦で小松(愛媛)、2回戦で東海大四(南北海道)を下したが、3回戦で高崎健康福祉大高崎(群馬)に敗れた。14年ドラフト4位で入団。

 ☆座右の銘 「剛毅木訥(ごうきぼくとつ)」。山形中央の庄司秀幸監督と当時のチームでスローガンとしていた言葉で、「“口数が少ないけど、中には秘めている”という意味で、自分に合っている」。庄司監督は東京学芸大卒で栗山監督の後輩。

 ☆好きな食べ物 地元山形の「酒田ラーメン」。酒田市内の人気ラーメン店「満月」は石川直の親戚が切り盛り。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2017年2月11日のニュース