ハムドラ1上原 “星野魂”継承誓う 伝説の大先輩背番「20」

[ 2015年11月22日 05:30 ]

北海道庁赤れんが庁舎をバックに記念撮影する(下段左から)井口、上原、栗山監督、加藤、平沼、(上段左から)吉田、田中、横尾、姫野

 日本ハムは、国の重要文化財「北海道庁赤れんが庁舎」で新入団発表を行い、ドラフト1位の151キロ左腕・上原は、背番号が「20」に決定。母校・明大の大先輩である星野仙一氏(楽天球団副会長)が中日の現役時代につけていた番号に「(8月に)大学日本代表が高校日本代表と試合をした甲子園で一度お会いした。自分も星野さんのように気持ちを出して投げたい」と抱負を語った。

 1メートル90の大型左腕は少し恐縮気味だったが、スイッチが入ったときの集中力は半端ではない。特技は「週に一回行く」というカラオケだ。人気7人組「三代目 J Soul Brothers」のヒット曲「LOVE SONG」は、93・745点で全国3位にランクされたことがあるそうで、この日も地元テレビ局から生歌を要請された。目標は開幕ローテーション入り。札幌ドームでお立ち台に上がれば、その美声にも注目が集まりそうだ。 (横市 勇)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月22日のニュース