巨人ドラ2重信 早大先輩・青木が目標 球団評価はオコエ以上

[ 2015年11月22日 05:30 ]

球団旗を背に走塁ポーズを決める重信

 巨人がドラフト2位で指名した早大・重信が、都内のホテルで仮契約を結んだ。契約金7500万、年俸1200万円で合意。背番号は43に決まった。目標とする選手に同じ早大出身の青木(現ジャイアンツFA)を挙げ、新人王を目指す。

 会見に臨んだ重信は「これからもっと頑張らないといけないと思いました」と気を引き締めた。憧れの選手には青木の名前を挙げ「時には大きいもの(長打)を打てる選手になりたい。新人王に限らず、高い目標をもってやりたい」と語った。

 持ち味は走力で、同席した山下哲治スカウト部長は楽天1位のオコエと比較し「塁間の走力ならこっちの方が上」と絶賛。3秒を切る塁間は球界でもトップクラスだ。3割50盗塁という高い目標設定で、チームに新しい風を吹き込む。 (川手 達矢)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年11月22日のニュース