ソフトB・大場 金銭トレードで中日へ「活躍することが恩返し」

[ 2015年10月30日 14:13 ]

金銭トレードで中日へ移籍することが決まったソフトバンクの大場=14年5月撮影

 中日は30日、ソフトバンクから大場翔太投手(30)を金銭トレードで獲得することで合意したと発表した。

 大場は八千代松陰高から東洋大を経て、07年の大学生・社会人ドラフトで6球団の競合の末、ソフトバンクに入団。08年3月23日の楽天戦でプロ初登板初先発し、無四球完封でプロ初勝利を挙げる華々しいデビューを飾った。11年には自身シーズン最多となる7勝をマークしたが、その後は思ったような成績を挙げられず、プロ8年間の通算成績は15勝21敗。今季は1軍での登板機会がなかった。

 大場は球団を通じてコメントを発表。「ファンの皆さんには、8年間、たくさんの応援をいただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。また、自分を支えていただいた関係者の皆さまには、思うような結果が残せず、残念で申し訳ない気持ちです。福岡の街もホークスも大好きですが、ドラゴンズで活躍することが皆様へのご恩返しになると思って頑張ります。本当にありがとうございました」とファンにメッセージを送っている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2015年10月30日のニュース