真中監督 完敗認めた「本当に圧倒された」「投手も打線も守備も」

[ 2015年10月30日 05:30 ]

<ヤ・ソ>敗戦後、腕組みをして整列する真中監督(右端)

SMBC日本シリーズ2015第5戦 ヤクルト0-5ソフトバンク

(10月29日 神宮)
 ヤクルトの真中監督はソフトバンクが優勝した瞬間、ベンチ裏へと消えた。「相手の祝福は見たくなかった」。悔しさを胸に押し込めた上で「本当に圧倒された。まとまっている素晴らしいチームだった」と素直に完敗を認めた。

 トリプルスリー対決で注目を集めたが、山田が3本塁打した第3戦しか勝てなかった。一方、柳田を打率・158に封じたが、周囲の得点能力が高かった。先発投手は5戦とも5回持たず。不調の選手を代えたくても控えとの差があった。「投手も打線も守備も、いろんな部分で劣っていた」。課題は明確になった。

 ただ、2年連続最下位チームが史上空前の混戦を制し、リーグ優勝を果たした。就任1年目で選手はたくましくなった。真中監督は「選手に感謝したい。自信を持った上で、個々の能力を少しずつプラスして、この秋から、常勝チームをつくりたい」と再出発を誓っていた。

 ≪前年最下位では4球団連続敗退≫ヤクルトは1勝4敗で敗退。シリーズ出場7度目で日本一を逃したのは92年西武戦(3勝4敗)以来23年ぶり2度目だ。ヤクルトは13、14年と公式戦で2年連続最下位。前年最下位チームのシリーズ出場は(★は新人監督)
 年球団 結果 監  督
50松竹 敗退 小西得郎
60大洋 優勝 三原 脩
75広島 敗退★古葉竹識
76巨人 敗退 長嶋茂雄
01近鉄 敗退 梨田昌孝
15ヤク 敗退★真中 満
 6チーム中、優勝は60年大洋だけ。75年広島からは4チーム連続敗退となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月30日のニュース