マエケン、田中の米挑戦にエール 球団側には危機感も

[ 2013年12月25日 18:53 ]

 楽天は25日、田中将大投手が新ポスティングシステムで米大リーグへ移籍するための申請を行った。これを受け、将来のメジャー挑戦の希望を表明している広島の前田健太投手は球団を通じてコメントを出し「同級生なので特別な思いで応援していきたい」とエールを送った。

 巨人の村田修一内野手は「夢を追い掛けるのは当たり前。ピーク時にどれだけやれるかを見た方がいい。米国に行くのも一つの選択肢になれば」と喜んだ。日本プロ野球選手会の松原徹事務局長も「子どもたちの憧れ、目標となるように素晴らしい活躍を期待している」と話した。

 譲渡金の上限が2千万ドル(20億8000万円)に抑えられ、オリックスの瀬戸山隆三球団本部長は「球団もビジネスでやっているので利益が減るのは非常に厳しい」と言う。ポスティングの利用を認めていないソフトバンクの小林至海外兼中長期戦略担当部長も「危機感は募るばかり。メジャーに行きたいと思われないような球界にならないと」と話した。

 それでもロッテの中村家国球団社長は「(楽天は)痛かったと思うが、ファンの気持ちをくんだのではないか。またスターを球界全体で育てていけばいい」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月25日のニュース