マー君 10~15球団争奪戦必至「2000万ドルならば参加できる」

[ 2013年12月25日 12:56 ]

球団との会談で大リーグ移籍を容認され、笑顔で報道陣の質問に答える楽天・田中

 楽天の田中将大投手の米大リーグ挑戦が決まった。米球界で今オフ、最も注目を集めているだけに、争奪戦になるのは必至だ。

 譲渡金の上限が2000万ドル(約20億8000万円)に設定されたことで、獲得競争に拍車がかかった。ヤンキース、ドジャースなどに加え、資金力が乏しい球団も参戦しそうだ。ある球団のゼネラルマネジャーは「2000万ドルならば参加できる。10~15球団になるのでは」と予想した。

 米国内では、田中の実力は既に知れ渡っている。スポーツ専門局ESPN(電子版)は「制球力はマダックス、速球はクレメンス、フォークボールは上原」と、名投手と比較して評価。今季楽天でプレーし、メジャー復帰が決まったマギー内野手は「ピンチになればなるほどギアを上げる。25歳だということを忘れてしまう」と米メディアに語り、その実力に太鼓判を押した。

 先発の1、2番手として期待を受ける右腕。獲得するためには、譲渡金、年俸総額などを合わせて1億ドル(約104億円)近くが必要になるともいわれている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月25日のニュース