ルナ 孤軍奮闘 開幕11戦連続安打&バックスクリーン弾

[ 2013年4月11日 07:07 ]

<中日・ヤクルト>9回無死、中日・ルナが中越えソロを放つ

セ・リーグ 中日2-4ヤクルト

(4月10日 ナゴヤD)
 中日新助っ人のルナが一人、気を吐いた。

 6回1死二塁からチーム初安打となる中前適時打。開幕から11試合連続安打をマークすると、1―4の9回先頭の第4打席ではバックスクリーンに2号ソロをたたき込んだ。「塁に出ようと思っていたが、しっかりとらえられた」。勝利には結びつかなかったが、勝負強い打撃を見せ続けている。

 ▼中日・ブラッドリー(6回5安打3失点で来日初黒星)失投は1球だけ(畠山の走者一掃二塁打)。その1球が致命的だった。

 ▼中日・井上(9回2死からプロ初登板し田中浩を二直)ナゴヤドームのマウンドは気持ち良くてふわふわしました。思い切り行くことだけを考えていました。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月11日のニュース