ラミレス拙守から逆転負け 中畑監督「あの守備はど素人」

[ 2013年4月11日 06:00 ]

<D・広>6回無死、松山の打球をDeNA・ラミレスが落球。記録は二塁打に

セ・リーグ DeNA1―5広島

(4月10日 横浜)
 またも…。DeNA左翼のラミレスが井納の足を引っ張った。1―0で迎えた6回。松山の飛球に追いつきながらスライディングキャッチしようとして落球。記録はなぜか二塁打になったが、この拙守をきっかけに逆転を許してしまう。

 プロ初登板となった4日の巨人戦(横浜)でもラミレスの落球が絡んで2回に5点を失ったルーキー右腕。「野球にミスはつきものです」とけなげに話したが、最速147キロの速球、切れのあるスライダーで5回まで3安打無失点、8三振を奪う好投を続けていただけに気の毒だ。

 「あの守備はど素人。でも、やってしまったことは全て私の責任」と中畑監督。今季2度目の3連敗。借金は今季最多の2となったが、11日は、この日7番に下げたモーガンをスタメンから外して本拠地今季初勝利を目指す。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月11日のニュース