野上 勝っても説教 完投ならず渡辺監督「あんな感じでは困る」

[ 2013年4月11日 06:00 ]

<ロ・西>2勝目の西武・野上(右)は渡辺監督と勝利のタッチ

パ・リーグ 西武4-1ロッテ

(4月10日 QVC)
 西武先発の野上が7回1/3を1失点で2勝目を挙げた。

 しかし、8回に4―0とリードを広げてもらった直後に、1死から安打と四球で降板。プロ5年目で初完投を逃し、降板後には渡辺監督から叱責(しっせき)された。「あの展開なら完投、完封しないといけない。悔しい」と野上。渡辺監督は「よく投げたが、チームの信頼を得るには、8回はトップギアでいかないと。102球くらいであんな感じでは困る」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年4月11日のニュース