流れ呼んだ!日本ハム捕手鶴岡の捕球とブロックの調和

[ 2013年4月11日 06:00 ]

<日・楽>3回2死一、二塁、牧田の中前打で二塁走者・松井稼が本塁を狙うも陽の好返球と鶴岡のブロックに阻まれタッチアウト

パ・リーグ 日本ハム6-0楽天

(4月10日 東京D)
 絶妙のバランス感覚だった。捕球、そしてブロッキング。日本ハムのベテラン捕手・鶴岡がこれ以上ないプレーの調和で流れを引き込んだ。

 場面は2点差の3回2死一、二塁。牧田の中前打で二塁走者・松井が本塁を突く。中堅手・陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)からダイレクトでストライクの送球が返ってきた。滑り込む松井と全く同じタイミング。捕球だけ考えたらスライディングに定評のある松井に潜り込まれる。しかし、ブロックを優先すると捕球し損なう危険もある。鶴岡は「松井さんの位置と岱鋼の返球を見てアウトにできると思った。捕るのが優先だけど、当たり負けしない準備もしていた」と振り返る。

 滑り込んでくる松井を横目で確認。確実に捕球すると同時に、左膝を落として松井のホームインを阻んだ。捕球とブロックの見事な調和の取れたビッグプレー。「ダイレクト返球のお陰でブロックの準備ができた。岱鋼さまさま」。そう笑った鶴岡のブロックに、栗山監督は「気持ちを入れながら体を柔らかく入れてくれた。あれが大きかったね」と絶賛した。

 先発・吉川を救い、流れも引き寄せた。鶴岡が阻止したのは、ただの1失点ではなかった。

 ▼日本ハム・陽岱鋼 打球が来る前からノーバウンドで返球しようと思ってた。去年痛かった右肘も今年は元気だから。でも、あれは鶴さんのブロックのお陰です。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年4月11日のニュース