PR:

Gキラーの面影なく…能見3連敗「どうやって抑えるんでしょう」

<巨・神>2回無死、寺内に本塁打を打たれ、ガックリする能見

セ・リーグ 阪神5-7巨人

(7月7日 東京D)
 エースでもダメだった。4連敗中のチームを救おうと先発した阪神・能見だったが、5回6失点で撃沈した。

 2回は2点を奪ってなお2死一塁から、バットで右翼線へ適時二塁打。投球へのリズムも出ると思われたが…。直後に寺内、長野のソロ2発で追いつかれ、再び2点リードして迎えた5回に3失点。平野の本塁悪送球で足を引っ張られ、残った走者を高橋由の犠飛で還された。「せっかく自分で打ったのにね」と気丈な態度を貫いたが、6敗目で負けが1つ先行。巨人キラーとして鳴らした男が今季は宿敵に1勝3敗、これで3連敗だ。

 「初回はもともと悪いし…。ほとんどの球を打たれた。真っすぐは走ってたんだけどね」

 前日6日にメッセンジャーが4点を失った立ち上がり。先頭の長野を見逃し三振に斬ったが、谷に中前打、坂本に左中間二塁打を浴びると、阿部の左犠飛であっさり先制を許した。続く2死満塁でこそ何とか踏ん張ったが、後が続かなかった。帰りのバスに乗り込む直前は「どうやって抑えるんでしょう…」とつぶやいた。能見がトンネルの出口を探している。

[ 2012年7月8日 11:55 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月22日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム