マーくん、右脇腹痛は軽度の炎症 近日中にも1軍合流へ

[ 2012年7月8日 06:00 ]

 右脇腹痛で6日の西武戦(西武ドーム)の先発を回避した楽天の田中が仙台市内の病院で検査を受け、軽度の炎症と診断された。

 試合前にトレーナーから報告を受けた星野監督は「あれで投げさせたら(痛みが)広がってしまう。誰でもあるやろ。ちょっとおかしいと思うことは」と軽症を強調。次回登板は未定だが、患部に不安がなくなれば近日中にも1軍の練習に合流する見込みだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年7月8日のニュース