松坂「カギになるのは変化球の出来。それ次第」

[ 2012年6月7日 06:00 ]

3Aポータケットのインディアナポリス戦に先発登板後、報道陣の質問に答えるレッドソックス・松坂

インターナショナル・リーグ 3Aポータケット13―2、3Aインディアナポリス

(6月5日 ポータケット)
 【レッドソックス・松坂に聞く】

 ――予定よりも少ない球数だったが。

 「力みすぎると、こういう感じになるだろうなと思っていたけれど、その通りになった。2回は抑えていった。タイミングも合うし、バランスもいい。その確認をするつもりで、それができたので良かった」

 ――準備は整ったか。

 「前回の試合で、今までで一番いい手応えを感じていた。そろそろ上がっても大丈夫じゃないかなというものはあった」

 ――不安はあるか。

 「前回に引き続き直球は良かった。そこは安心できる部分。ただストレートが駄目な時、鍵になるのは変化球の出来。それ次第だと思う」

 ――チェックは全て完了か。

 「投げながらどういう状態にあるかは把握できた。キャッチボール、ブルペンで、きょうのことは頭に入れて練習しておきたい」  

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年6月7日のニュース