Aクラス入りへ!広島 メンタルトレで“心の強化”

[ 2011年8月23日 06:00 ]

 14年ぶりのAクラス入りへ球団初、シーズン中では異例の試みだ。広島は22日、本拠地・マツダスタジアムに東海大・高妻(こうづま)容一教授(56)を招き、メンタルトレーニング講習会を開催。終盤の混戦を勝ち抜くべく、外国人選手を除く1、2軍全選手を対象に“心の強化”に乗り出した。

 この中でナインはチームワークの高め方などプラス思考の鍛錬法を紹介された。(1)プレッシャーにどう打ち勝つか(2)集中力の高め方、抜き方…など、個々を対象にしたものも。1軍は遠征帰りにもかかわらず、講義はみっちり3時間。総じて熱心に聞き入っていた。

 「ボクは打つ時に“シュッ”とやる。それも呼吸法。大事なことだと確認できた」と丸。高妻教授は「(選手は)すごくいい乗りだった。相手があることだけど、明日から楽しみ。ぜひ優勝してほしい」と語った。

 野村監督の要望に球団が応えた。「その道の第一人者で野球もよく見ておられる」(石井トレーナー)ことから、五輪やJリーグでも実績のある同教授を招へい。この時期の講習会開催については「たまたま」(鈴木球団本部長)とし、Aクラス争いとは無関係としたが、今後も定期的に開く意向。ナインがどう変わるか、けだし見ものだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月23日のニュース