ロッテ、攻守に精彩欠く 西村監督「つまらないミスが多すぎる」

[ 2011年8月23日 22:07 ]

8回に4失点し、ベンチで厳しい表情の西村監督(右端)らロッテ首脳陣

パ・リーグ ロッテ1―8ソフトバンク

(8月23日 ヤフーD)
 ロッテは攻守に精彩を欠いた。西村監督は「つまらないミスが多すぎる。攻撃陣も(好機を)ものにしないと、こういう試合になる」と厳しい口調だった。

 二回の守備では一塁のベースカバーに入った成瀬とカスティーヨが“お見合い”し、二塁からの送球を後逸。先制点を献上した。打線も得点源の井口、カスティーヨがともに無安打と決定打が出なかった。指揮官は「首位のチームに対して『何とかしないと』という気持ちで向かっていかないと」と奮起を促していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月23日のニュース