楽天 強肩の大学No.1捕手をリストアップ

[ 2011年8月23日 06:00 ]

遠投115メートルの強肩が魅力の同大・小林捕手

 楽天は即戦力捕手の同大・小林誠司捕手(22)をドラフト上位候補とした。

 小林は遠投115メートルの強肩が武器で、2秒を切ればプロでの及第点と言われる二塁送球は1・9秒を誇る。球団関係者は「小林君は上位指名候補。大学トップの捕手と評価している」と話した。

 広陵時代は明大・野村とバッテリーを組んで3年夏の甲子園で準優勝の小林は、同大で主将を務める。リーダーシップも魅力で、担当の吹石スカウトは「いい肩をしているし、送球が素早い」と絶賛する。

 チームは嶋が正捕手を務めているものの、首脳陣の全幅の信頼を得るまでには至っていないのが現状。2番手捕手も定まらないままで、捕手は補強ポイントの一つでもある。すでに首脳陣も小林の映像をチェック済みで、守り勝つ野球を掲げる星野楽天が即戦力捕手獲得でチーム力の底上げを狙う。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年8月23日のニュース