ロッテ 藤岡の1位指名正式表明!背番「18」用意

[ 2011年6月11日 06:00 ]

<道都大・東洋大>帽子を飛ばしながら力投する東洋大・藤岡

 今秋ドラフトで東洋大・藤岡を1位指名する方針を固めているロッテは、エースナンバーの背番号18を黄金左腕に用意している。最速153キロを誇り、スライダーの切れも抜群の逸材。球団幹部は「彼にふさわしい番号を用意したい。18は当然ある」と明かした。

 ロッテの18は70年代の成田文男氏(故人)、90年代の伊良部、00~09年まで清水と歴代右腕エースが背負ってきた番号。昨秋のドラフトでは早大・斎藤に用意したが交渉権を得られず、現在は空き番号となっている。東洋大での藤岡の背番号は17だが、同幹部は「16も空いているし、本人の希望もあるだろうから」と、仮に交渉権を獲得すれば18、16を候補に本人の意思を尊重して最終決定したい意向だ。

 10日、QVCマリンではスカウト会議が行われ、瀬戸山隆三球団社長が藤岡の1位指名を正式表明。「非常に素晴らしい即戦力投手。競合は承知の上です」と明言した。今後も密着マークを続けるが、エースナンバーの準備は最大限の期待と誠意の表れだ。またこの日の会議では約120人をリストアップ。上位候補は約10人に絞った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月11日のニュース