慶大・伊藤 貫禄の二塁打 阪神は関係者12人が視察

[ 2011年6月9日 06:00 ]

<東農大生産学部・慶大>7回2死、二塁打を放つ伊藤

全日本大学野球選手権2回戦 慶大5―2東農大生産学部

(6月8日 神宮)
 慶大は今秋ドラフトで野手No・1の呼び声高い伊藤が貫禄を見せた。

 沼沢正二球団本部長ら12人が大挙して訪れた阪神を筆頭に各球団のスカウトが見つめる中、7回の第4打席で痛烈な右翼線二塁打。「まともには勝負してこないので、ストライクゾーンの球をしっかり打つことを意識しました」と振り返ったが、3四球と勝負を避けられた上に、チームに失策やけん制死などミスが相次いだだけに表情はいまひとつ。江藤省三監督も11残塁の内容に「イライラする試合だった。腹が立っています」と試合内容には納得がいかない様子だった。

 ▼東農大生産学部・樋越勉監督 投手の選択ミスです。まともに戦っても向こうの方が上なので、少し変化を持たせるために左を先発させたのですが…。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月9日のニュース