ダル パ最多タイ3戦連続完封!連続無失点は44回に

[ 2011年6月9日 06:00 ]

<日本ハム・中日>3連続完封で8勝目を挙げたダルビッシュ

交流戦 日本ハム1-0中日

(6月8日 札幌D)
 もう手が付けられない。日本ハムのダルビッシュ有投手(24)が8日、中日戦に無四球完封勝利。自身8連勝を飾った。3試合連続の完封はパ・リーグ史上最多タイ。初回には、54年東映時代に米川泰夫が記録した35回連続無失点の球団記録を57年ぶりに更新。さらに44回まで伸ばし、ビクトル・スタルヒン、堀内恒夫(いずれも巨人)に並ぶ歴代11位タイと伝説の域に突入した。
【試合結果】

 記録ずくめのゼロ行進も驚きではない。9回2死、昨季のセ・リーグMVP・和田を153キロ直球で遊ゴロに片付け試合終了。チェンとの投手戦を制した109球、2試合連続の1―0、無四球完封に「気持ち悪い。ここまでいくと怖い。(右打者への)ツーシームが外から決まっているから球数が少なくなっている」と冷静に分析した。

 唯一得点圏に走者を置いた7回2死二塁。森野をカーブ、直球、カーブで3球三振に斬った。「森野さんには速いカーブ」。球速差49キロの投球術で5月25日に続き同カードは2戦連続完封。10奪三振中、5個を3球で仕留めた。通算44度目の2桁奪三振は歴代5位タイに躍り出た。

 これで体調は万全ではない、という。「ここ2週間、激しい筋力トレーニングをしたので疲れが抜けなくて。今も体力向上を目指してますから」。102キロの肉体から生み出すパワーをさらに磨こうとしていた。

 米川泰夫(当時東映)の球団記録を塗り替え、稲尾和久(西鉄)を超える44回連続無失点もピンと来ない。「名前は知ってます。自分は運がいいし、バックの守備がいいからでしょう」。現代野球はバットの材質、スコアラーの存在、VTRと打者有利の材料がそろっているとの質問にも「自分では何も言えません」。次の目標は杉浦忠(元南海)のリーグ記録、54回2/3だ。

 緊張の日々から一時のリフレッシュを体感した。2日に札幌市内の百合が原小を大野と訪問。キャッチボールに興じたが、試合直前に全校生徒710人から直筆の手紙が届いた。「ダルビッシュさんたちへ歌った子供たちの声が本当に大きくて」。ほほえましい様子を学校関係者が証言した。

 ▼日本ハム・吉井投手コーチ 直球に自信が出てきたし、他の球種の精度も上がった。稲尾さん抜き?わしがメジャーで見てきたライアン、クレメンス、シリングにはまだ及ばないでしょ。

 ▼日本ハム・芝草投手コーチ 完封するのが普通に見えてきたね。前回より調子が悪いと言っていたけど「調子が悪い」の次元がどうなのか。

 ▼日本ハム・大野 最初はリラックスして途中からギアを入れた感じ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月9日のニュース