ロッテ ついにリーグ、交流戦でダブル最下位

[ 2011年6月9日 06:00 ]

<ロ・神>序盤の失点が痛かった…。元気のない西村監督

交流戦 ロッテ3-6阪神

(6月8日 QVC)
 瀕死(ひんし)の虎を救ってしまった。ロッテは先発の吉見が今季最短1回2/37安打6失点KO。「試合をつくれず申し訳ない」とうなだれた。

 いきなり6点を追う厳しい展開に西村監督は「はっきり言って打つ方の状態が良くない。立ち上がりをしっかり抑えてくれないと試合にならない」と語気を強めた。3連敗で今季ワーストの借金7。交流戦負け越しが決まって広島と並ぶ最下位。楽天に抜かれてリーグでも最下位転落に指揮官は「それはやめましょう」と語るにとどまった。

 ▼ロッテ・小林(ドラフト3位は6回にプロ初登板して1回1安打無失点)緊張はしなかった。せっかくもらったチャンスで悔いの残らないよう思い切っていきました。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年6月9日のニュース