福留 世界一チームからオープン戦初安打

[ 2011年3月3日 06:00 ]

ジャイアンツ戦の6回、オープン戦初安打となる左前打を放つカブス・福留孝介

オープン戦 カブス3―2ジャイアンツ

(3月1日 スコッツデール)
 カブスの福留が昨季世界一のジャイアンツ戦でオープン戦初安打を放った。

 1点を追う6回、ワールドシリーズ第4戦で白星を挙げた左腕バムガーナーの初球を左前打。外角直球を素直に流し打ったが「無理に引っ張る必要はない。当たってヒットになっただけ」。残り2打席も左飛で、左方向を意識した打撃を続けた。福留の安打からチームは4連打で逆転したが、「今は勝ち負けは全く気にしていないし、場面は関係ない」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年3月3日のニュース