世界少年野球大会 今年は台湾で20カ国が参加

[ 2011年3月3日 06:00 ]

 財団法人世界少年野球推進財団(WCBF=王貞治理事長)の村田兆治専務理事(61)が2日、都内ホテルで記者会見し「第21回世界少年野球大会・台湾大会」(7月27日~8月4日)の開催を発表した。

 07年のプエルトリコ大会以来、5度目となる海外開催で、米国やニュージーランドなど20カ国が参加する。村田専務理事は「青少年に大きな夢と希望を与えて、経験したことが誇りになってくれたら」と話した。野球の普及と発展、子供たちの国際交流が目的の同大会では、野球教室や交流試合が行われる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月3日のニュース