巨人史上初も沢村ならやれる?“快記録”は半世紀以上なし

[ 2011年3月3日 07:33 ]

< 巨・西>9回無死一、二塁の場面で巨人・亀井の右前打でチャンスが広がりベンチで喜ぶ沢村
Photo By スポニチ

オープン戦 巨人3―2西武

(3月2日 東京ドーム)
 巨人のドラフト1位・沢村拓一投手(22=中大)が2日、西武を相手に本拠地でオープン戦初先発して4回1安打無失点で4奪三振。球団49年ぶりの新人開幕投手の可能性も出てきた。
【試合結果】

 新人の開幕投手は、84年高野(ヤ)まで両リーグ12人(セが8人、パが4人)。うち勝利投手は7人いるが、“快記録”は58年杉浦(南海)が最後だ。

 巨人では59年伊藤(日本生命=勝敗なし)、62年城之内(日本ビール=敗戦)の両新人が大役を務めたが、ともに白星なし。沢村が開幕投手ならチーム49年ぶり、勝てば初となる。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年3月3日のニュース