西口、猛省2失点「そこで一呼吸置かないと…」

[ 2011年2月20日 06:00 ]

西武紅白戦 紅組2―5白組

(2月19日 南郷)
 38歳ベテランの西武・西口は先発で3回2失点。2回まで打者6人で抑えたが、3回に3連打で2点を失うなど課題を残した。

 「セットポジションに入った時のテンポが一定のリズムになりがちだと、監督に言われた。そこで一呼吸置いてやっていかないと」と猛省。それでも先発ローテーション復帰へ調整は順調で「今年は一生懸命頑張るだけ」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年2月20日のニュース