右翼候補・牧田 開幕微妙…楽天新外国人緊急補強も

[ 2011年2月20日 08:32 ]

 星野楽天が新外国人外野手の獲得に向け、緊急調査に乗り出すことになった。正右翼手候補で右肩痛を訴えていた牧田明久外野手(28)が18日に沖縄県内の病院で検査を受けたが、仙台市内の病院でも再検査を受けることになった。

 2~3週間はノースローになるとみられ、開幕が微妙な状況となった。チームの外野手は鉄平、聖沢がすでに当確。編成担当はポスト牧田と守護神候補の調査のために3月上旬に渡米する。

 18日に沖縄・久米島キャンプを打ち上げた星野監督は「終わってみれば早かったな。牧田1人は外れたが、他は元気にやってくれた」と総括。オープン戦初戦となる20日の巨人戦(那覇)に向け「不細工な試合はできない」と2軍調整中の山崎を除くベストメンバーで初陣に臨む。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年2月20日のニュース