PR:

葛西2位で最年長表彰台 自身の記録更新44歳9カ月

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は19日、ノルウェーのビケルスンでフライングヒルによる個人第24戦(ヒルサイズ=HS225メートル)が行われ、葛西紀明(土屋ホーム)が合計448・0点で2位に入った。昨年3月以来、約1年ぶりに表彰台に立ち、自身が持つW杯の最年長表彰台記録を44歳9カ月に更新した。

 葛西は1回目に239・5メートル、2回目に241・5メートルを飛んだ。カミル・ストッホ(ポーランド)が238・5メートル、237メートルの合計466・6点で今季7勝目、通算22勝目を挙げた。伊東大貴(雪印メグミルク)は日本人最長記録となる243メートルと、220・5メートルの394・0点で12位だった。

[ 2017年3月20日 00:59 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月23日22時〜23時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画