PR:

日本、団体で6位 葛西「力的にはこんなもの」

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は18日、ノルウェーのビケルスンで団体第5戦(ヒルサイズ=HS225メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)竹内択(北野建設)伊東大貴(雪印メグミルク)葛西紀明(土屋ホーム)の日本は合計1241・2点で6位だった。日本は1回目を5位で上位8チームによる2回目に進んだが、2回目に飛距離を伸ばせずに順位を落とした。

 ノルウェーが1572・6点で優勝。ポーランドが2位、1回目に253・5メートルの世界最長記録を出したシュテファン・クラフトを擁するオーストリアが3位だった。

 ▼葛西紀明の話 2本目はいい感じだったが、下の風があんまりなかった。(6位は)力的にはこんなもの。

 ▼伊東大貴の話 2本ともそこそこ満足のいく距離が出た。2本目はタイミングが遅れて少しミスがあった。

 ▼竹内択の話 全然良くない。調子が良くないのでこんなもの。(チームに)貢献できていない。

 ▼小林陵侑の話 全然失敗した感じはないが、これが現状。(原因は)飛んでいてもよく分からない。

[ 2017年3月19日 08:06 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ