バレー・石川祐希 9年目を迎えたイタリア生活をのぞき見「こっちの方が自由なので気が楽というか…」

[ 2024年6月25日 15:32 ]

石川祐希
Photo By スポニチ

 バレーボール男子日本代表の石川祐希(28=ペルージャ)が、TBS「バレーボールネーションズリーグ2024」のTVer限定配信動画で9シーズン目になったイタリア生活について語った。

 中央大に在籍していた14年に初めてイタリアに移籍。23/24年シーズンで9シーズン目を迎えた。「便利さだったりは日本の方が便利だけど、こっちの方が自由なので気が楽というか。(今は)日本にいる時間よりこっちにいる時間の方が長いので、セカンドホームみたいにはなってます」。第二の故郷となったイタリアでの暮らしを語った。

 イタリアの街中を散策する中、元チームメートと再会。イタリア語で談笑する場面も見られた。レストランでもこなれた様子で注文するなど、イタリアでの生活に溶け込んでいた。

 また、昨季まで所属していたミラノでの練習風景も公開。声を張り上げて同僚を鼓舞した。「気分屋な選手も多くて、練習がグダグダになると内容も悪くなってしまうので、なるべくそうならないように個人的に意識している。監督やコーチに求められているところなので。あとチームで上から3番目なので、しっかりとチームをまとめつつ引っ張っていきつつ、自分のプレーを発揮しないといけない」。日本代表だけでなく、イタリアでも先頭に立ってプレーする姿が見られた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月25日のニュース