小祝さくら 獲得賞金7億円突破!史上3位の年少記録「いくらあるのか気にしてない」欲しいのはメジャー

[ 2024年6月25日 04:00 ]

女子子ゴルフツアー  アース・モンダミン・カップ最終日 ( 2024年6月24日    千葉県 カメリアヒルズCC 6688ヤード、パー72 )

<アース・モンダミン・カップ最終日>9番、ティーショットを放ち移動する小祝さくら(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 2位に6打差の首位から出た小祝さくら(26=ニトリ)が今季2勝目、通算11勝目を挙げた。一時2打差まで詰め寄られたが、71の通算16アンダーで回り、逃げ切った。生涯獲得賞金は7億854万6300円となり、26歳70日での大台到達は史上3位の年少記録となった。3打差の2位に安田祐香(23=NEC)が入った。

 4年前の今大会以来の月曜日決着。5日間の長丁場を制した小祝は「月曜日にゴルフの試合をしているのは凄く新鮮でした」と笑顔で振り返った。この日は一気に気温が上がって30度を超え、熱中症気味の症状が出て前半から氷のうを首や肩に当てながらプレーした。「後半、ちょっと頭が痛かった」。6打差をつけてスタートしたものの、序盤はティーショットが安定せず一時は2打差に詰め寄られた。それでも15番で「1メートルに寄れば良い」と打った15メートルのバーディーパットが決まり、今季の目標だったシーズン複数回Vを達成した。

 これで生涯獲得賞金は7億円の大台を突破。達成者は18人いるが、26歳70日での達成は横峯さくら(25歳174日)、鈴木愛(26歳51日)に続く歴代3位の年少記録。「いくらあるのか気にしてないので、イメージが湧かないですね」とお金よりも欲しいのはメジャーのタイトル。「今年のもう一つの目標が(国内)メジャー優勝だったのでそこを頑張りたい」。今年は初めて海外メジャーの全英オープン(8月)にも挑戦する。そのために前週のCATレディースを欠場する予定で“連続試合出場”は228試合で途切れることになりそうだ。 (大渕 英輔)

 ▼2位・安田祐香 想像以上の成績だったのでうれしい。暑くて最後の方はしんどかったんですけど、集中力を切らさず打てたのが良かった。(67で回り今季自己最高の2位)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月25日のニュース