バレー女子・古賀「自信になったけど、課題もある。満足せず」銀メダル獲得も五輪見据え慢心なし

[ 2024年6月25日 05:00 ]

帰国し、メダルを手に笑顔を見せるバレーボール女子日本代表の石川(左)と古賀(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 ネーションズリーグで準優勝を飾った女子日本代表が24日、タイから羽田空港に帰国した。チームとして銀メダルを獲得し、個人でもベストアウトサイドヒッターに輝いた古賀は「高い壁を越えて自信になったけど、課題もある。満足せず頭を整理して合宿からチームを一つにしたい」と五輪を見据えた。

 前日の決勝では世界ランク1位のイタリアに1―3で敗れたが、石川は「高さのあるチームで守備が対応し切れなかったが、攻撃は少しの差なので一段階上げれば絶対点を取れる」とそれほど力の差は感じていない。

 ブラジル、ポーランド、ケニアと同組になったパリ五輪1次リーグ。古賀は「五輪に出場するチームは強豪ばかり。研究しながら勝てるチームをつくりたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月25日のニュース