Bリーグ・広島 いざ下克上へ逆王手 第3Q途中で11点差も要所で3P!鮮やか逆転劇

[ 2024年5月27日 04:22 ]

<琉球・広島>第4クオーター、3点シュートを決める広島・山崎(奥)と、得点を確信し駆け出す中村
Photo By 共同

 バスケットボールBリーグ日本生命チャンピオンシップ(CS)は2戦先勝方式の決勝第2戦が横浜アリーナで行われ、初優勝を狙う広島(ワイルドカード)が、2連覇を目指す琉球(西地区2位)を72―63で下し1勝1敗とした。広島は30―34で迎えた第3クオーター(Q)に山崎やエバンスらが活躍し逆転。1点リードで入った第4Qは中、外とバランス良く攻めて得点を重ねて逃げ切った。第3戦は28日に行われる。

 広島は第3Q途中で11点差をつけられながらエバンスの3点シュートを口火に連続14得点を奪い逆転。1点リードで入った第4Qは序盤から立て続けに3点シュートを決めて琉球を突き放した。ワイルドカードでCSに進出し、準々決勝、準決勝では地区王者を破る「下克上」。ミリング監督は「選手たちの成長、気持ちに毎試合毎試合驚かされている。第3戦でも私たちの力を証明したい」と自信をにじませた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月27日のニュース